レガシィ BR9 にバックカメラを取り付けた

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク


スケジュールがかなりタイトなので、ポカッと穴の空いた午前中の時間を使って急いで取り付け… かなり手こずりましたが… (=’_’=;)
リヤゲートの内張の取り外しは、上側(ハイマウントストップランプがある方)からつかんでバキッと順序よくハズしていくのですが、いちばん面積が大きくて肝心な所がなんか外れない… と思ったら、グリップの部分(リヤゲートを閉める時に手をかける部分)に隠しネジが… しかもカバーが開けにくい… 精密ドライバーを突っ込んでこじ開けました (=’へ’=)


本当はバックカメラをナンバープレートの左上に取り付けたかったのですが、配線を通すスペースがなく、仕方なく右上に取り付けることに。そこからならナンバー灯の配線が通っているグロメットをめくって内側へ配線を通すことができました。あちこち探ってみたのですが、内側と外側をつなぐ経路が他に見当たりませんでした…
配線が内側に引き込めれば、あとは結線するだけ。しかも今回は手間を省くために、ビデオ信号をワイヤレス化するアダプタまで用意 (=^_^=;) 車内の内張りをめくって配線を取り回している時間的余裕はありませぬ…

送信機部分はリヤワイパーのユニット部分に固定。ココがいちばん高さがあってセンターコンソールに近いかな?という判断。まぁ微々たるモノでしょうけれど

電源はバックランプの配線に割り込ませました。バックカメラに白色LEDが付いてるので、それ以外のところからヘタに電源を取ると光りっぱなしになる恐れが… (@[email protected]=;
ここまで来たら実験実験!シフトレバーをRにしてみると… 映った!しかもカラー!(GT30は白黒だった) あとはカメラの向きと角度を調整しつつ外装用の両面テープで固定して完成! 後付け感たっぷりな見た目になりましたが、それは仕方ないとして (=^_^=)ゞ やっぱりあると便利です

コメント

タイトルとURLをコピーしました