HYPER TX3 EVO を流用してみる


これまで使ってたプラットフォームに取り付けていた空冷CPUクーラー(HYPER TX3 EVO を買ってみた 2017/7/1)、てっきり Ryzen なプラットフォーム(Socket AM4)では使えないのかと思ったら、実は使えると言うことが分かりまして😲


せっかくなので、取り外して AB350M-HDV に流用することにしました😉 取り付けキットが付属してましたが、なんだか良く分からない😓

Hyper TX3 EVO_English_Manual

純正のCPUクーラーを使うときにはマザーボードから取り外す必要のあったアタッチメントブロックみたいなのが必要だったので、それをマザーボードに再装着して、レバーでグシッと固定する感じで固定


ん~、でも風向きに難がありそうな…🤔 ケース前面側から背面側に風を流したいものですが、この向きにしか付けられず💦 グラフィックボード側は相対的に熱いでしょうから、そっち側にファンを付けたら意味なさそうだし

だけど電源にも排気ファンが付いてるので、空気の流れがどうなっちゃうんだろう?とちょっと心配ですが、illustrator CCとか使っても47℃くらいで止まっててくれてるので、冷却性能は高いみたい

もう片側にファンは… どうしよう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AMD(エーエムディー) Ryzen 5 2600 BOX品 [CPU]
価格:19980円(税込、送料無料) (2018/8/8時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする