モンスターペアレントを垣間見た

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今日の午後、エフエム群馬でビタミンカフェの1コーナー「柴崎龍吾の『子どもは社会の鏡』」を聴いていたら、えっ?と感じる相談が…
曰く、自分の子供はかけっこが苦手(というか遅い)。父親がビデオを撮ろうとしたら泣いて拒否した。そんな子供を傷付ける運動会なんてなくしてしまえばいい!とのたまう (@[email protected]=; マジっすか? ものすごい利己的っていうか自分勝手じゃない?
そもそも、誰かが1番になれば誰かがゲビになるんだし、そんな理屈も分かんない大人が存在することに、ただただ唖然… \(=>o<=)/ 自分の子供がゲビになるのがそんなに嫌なら、休ませればいぃがね。こ~ゆ~輩をモンスターペアレントっていうんでしょうねぇ… 学校の先生も大変だ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました