野望ではなく

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今日から始まった「Dr.コトー診療所 2006」を見ていて、コトー先生が剛洋くんに使い古した辞書を送るシーンがありました(原作にはなかったような気が…)。その辞書には恩師からのメッセージで “Boys, be ambitious!” というウィリアム・S・クラーク博士のよく知られた一文が書かれていて、その続きには… というくだりなのですが、“その続き”ってあまり知られてないですよね ([email protected][email protected]=
かく言う やまねこ も知らなかったので、ググってみたら諸説あるようです。…で、唯一見つけられたのが 「つかさ組!」さんの 「少年よ大志を抱け」/全文はどちらが正しい? の記事に出ている英文です

“Boys, be ambitious!”
Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement,
not for that evanescent thing which men call fame…
Be ambitious for the attainment of all
that a man ought to be.

はぁ〜、含蓄のある訓辞ですね。かつてはこういった精神が美徳とされていたハズなのに、今日日もてはやされている風潮ときたら… まったく嘆かわしいモノです
banner_04.gif ←励みになりますので1クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました