Radeon Settingsで高DPIパネルがシステムに接続されていることを検出しました

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

新しいノートPCを納品した客先から、こんなお問い合わせがありました

 

AMD Radeon Settings
Radeon Settingsで高DPIパネルがシステムに接続されていることを検出しました。仮想超解像度(VSR)を有効にすると解像度が高くなり、DPI設定をカスタマイズできます。

コレってなんのことでしょうか?とのこと🤔 確かになんのこっちゃ、ですね

キーワードで検索してみたところ、AMDのサイトにある情報を見つけました

https://www.amd.com/ja/technologies/vsr

低解像度のディスプレイでもネイティブに再スケールすることができます。このテクノロジーを活用すれば、1080pディスプレイでお気に入りのゲームをプレイ中でも、最大4Kに匹敵する高品質が得られます

ゲームがこの技術に対応していれば、FullHDのディスプレイでも、よりなめらかな画質で楽しめますよ~というコトらしいです

…つまりはゲームをしなければ関係ない機能というコトが分かりましたので、そのまま無視してください!とお伝えして終了👍

今回のノートPCは AMD Ryzen5 3500U モデルでしたが、最近はあなどれないですね…

https://www.amd.com/ja/products/apu/amd-ryzen-5-3500u

コメント

タイトルとURLをコピーしました