北海道旅行 3日目(道内2日目)

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【旭川〜層雲峡〜上士幌〜帯広〜南富良野】
このホテルは朝食付きなので、バイキングでしっかりと腹ごしらえ。かいじゅうたちはミニトマト食べまくり… (@。@=;)


当麻町のモダセルフでレガシィにレギュラーを満タンに。道内ではおそらく最安値の \128.8/L!!
今度は旭川紋別自動車道が無料という案内が出ていたので、愛別IC→上川層雲峡ICまで利用。山あいのきれいな景色を楽しみながら距離を稼ぎました。大雪湖で国道273号に入って三国峠へ。道は問題ありませんが、両側の山にはまだ雪が残っているような状態。やっぱり北海道ですね

今日のターゲットは、北海道遺産にも指定されているタウシュベツ橋梁。渇水期にしか姿を現わさない、国鉄士幌線の旧線跡にあるコンクリートのアーチ橋が見たくてこのルートを作ったのです。糠平湖のちょっと十勝三股寄りの左側に小さな案内看板があります。そこを左折すると…
モロに林道です (。_゜=☆\ バキバキ
どんどん進むと、どんどん山深く分け入っていきます。比較的フラットですが、凹みだらけ!気分はラリージャパンです(笑 途中、落石まで散らばってます。斜面を刺激しないように、そぉ〜っと走ります (°°=;))。。オロオロッ。。”((;=°°) タウシュベツ橋梁へのアプローチ脇には、駐車スペースがあります。そこまで4kmの林道走りが楽しめます。アプローチもぬかるんでるので、歩くのも一苦労。子供を連れて行くのはかなり無理がありました…

…で、肝心のタウシュベツ橋梁は… ジャーン! 関心ない人(および かいじゅうたち)が見たら、ただの廃墟かも… まぁ実際そうなんですが(!)、こんな山奥にこんなアーチ橋を作った先人達の努力がすごいなぁと思って。
ぬかるんだアプローチも旧線の道床跡なワケですが、ずーっと緑のトンネルになっています。

さて、さながら探検のような感じで車に戻ってくると、やまねこレガシィの脇に何かいる…

エゾシカだ!(@[email protected]=) 余裕なフリして葉っぱを食べてます。鉄砲を持ってないのが分かるのか、カメラを向けても知らんぷりに近い様子。もちろん野生なんですが、堂々としたものです
しばら〜く好きなようにフキの葉っぱを食べてから、ゆっくりした足取りで森の奥の方へと歩いていきました。旅行中にキタキツネに遭遇することはあっても、野生のエゾシカは初めて出会いました。ヒグマじゃなくってよかった… (^。^=;)ホッ

国道まで戻ってから、一路 かいじゅうたちの楽しみにしている帯広動物園へ。経営は大変だと思いますが、ゆっくりと動物を見ながら歩ける程度の客数。園内放送があってアザラシにエサをあげるのが見れたのですが、柵に一重で終わりなので、子供もよ〜く見られます。旭山動物園じゃ、そのエリアに近づくのも困難なくらいですからねぇ…
ゾウやキリン、カバにカンガルー、バイソン、ライオンにトラ、オオサンショウウオ(!)、シマウマ、ホッキョクグマ、チンパンジー、フクロウにトンビにフラミンゴにクジャク、ドワーフヤギ、ミニチュアホースなど、いろんな種類の動物たちがいて とっても楽しめました。
今日の宿泊は、南富良野町の なんぷてい。昨年に引き続いての利用です。今日は約280kmを完走しました


banner_04.gif ←励みになりますので1クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました