APSのカメラは

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

結局普及しなかったんでしょうね…
やまねこ亭には,結婚した頃に買ったミノルタの VECTIS S-100 というAPSの一眼レフカメラがあるのですが,デジカメのすぐに画が見られる手軽さに割を食って,押入でひっそりと眠っています…
ふと思いついて,今年の旅行に持っていこうと企んでいるのですが,唯一作られていた富士フイルムのAPSのリバーサルフィルムは,すでに生産も販売も終了してしまった模様ですし,好きだったコニカはネガフィルムさえとっくに製造しなくなってしまった(フィルム事業から撤退しますからね)ようですし…
どんどん過去の遺物化してしまい,そのうちAPSのフィルム自体なくなってしまって,完全に使えなくなっちゃうんでしょうねぇ (=>_<=) APSだって,デジカメより全然画質がいいのになぁ… banner_04.gif ←励みになりますので1クリックお願いします!

コメント

  1. ひろぽん より:

    フジのリバーサルが生産終了になったのは本当にショックですね。
    これによってAPS機での撮影の楽しみが半分減ったような気がします。
    しかし、VECTIS S-100というのはなかなか素晴らしいカメラですね。
    ボディの高級感はありませんが、ミノルタ伝統の見やすいファインダーやAF精度、Vレンズの描写力、全てが1級品です。
    17mm/F3.5のマクロ・レンズを近々手に入れたいと思っています。

  2. やまねこ より:

    APSのリバーサルがなくなってしまったのは,ホントに悲しいですぅ… 35mmとは趣の異なる独特の景色が好きだったんですけどねぇ…
    S-100 これからも大事に(フィルムがなくなるまで)使って行こうと思います (=^_^=) マクロレンズも楽しみですネ

タイトルとURLをコピーしました