ハードディスクが故障したら

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

4年くらい前にパソコンを納入したお客さんから珍しく電話があったと思ったら、「黒地に白い文字が出ている状態からパソコンが先に進まない」状態とのこと… (゜ロ゜)ギョェ
イヤ〜な予感がしつつも、電話が来た段階で既にハードディスクを売っているような店は閉店している時間… 仕方ないので、現地調達できる店を調べて、翌日お客さんの事務所に行ってみました。
BIOSでは認識されている(型番が表示される)ものの、確かに起動しないので、持参したパソコンに問題のハードディスクを接続してみると、こちらではBIOSレベルでも認識されない状態… (←_→) お客さんにはバックアップしてないデータを諦めてもらい、新品のハードディスクとリプレースして現地を離れました


しか〜し、やまねこは諦めの悪い性格でして (^^;
以前同じようなトラブルに見舞われた時、ハードディスクを冷凍庫でキンキンに冷やしてからパソコンに接続してデータを吸い上げられたことがあったのです(会社のFAQに出てます)。
それで早速持ち帰ったハードディスクを冷凍庫にポイッ! o(^_^)o 一晩以上冷やしてから接続してみると〜 (^^v ヴイッ Windowsが普通に起動してマイコンピュータからも内容が見られるぢゃないですかぁ! 結露してしまえばアウトなので、とにかく手早くデータをコピーして一件落着! その間、ほんの数分 (^。^;)ホッ
お客さんに伝えたら、とっても喜んでました。そりゃそうですよねぇ…
いずれにしてもバックアップは大切ですが、冷凍ハードディスクは、いまやすっかり「やまねこの必殺技」になりました (=^o^=)
banner_04.gif ←励みになりますので1クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました