〜 静かに1999年は去って行きました 〜

December 1999 Edition
1999年12月は、『かじかの里通信』が諸般の事情により発行されなかったため、内容の
描写が乏しくなってしまっております。どうぞ悪しからずご容赦ください。<m(_ _)m>
またこのページでは、数枚の写真を1つのファイルにしておりますので、これまでよりも
表示されるまでに時間がかかりますが、故障ではありませんのでご安心ください。

12月12日(日)は作業日として取り分けられていました。 今回の作業の目玉は、学園内のログハウスの補修です。 いつの間にか見目麗しくなくなってしまっていた(!)ログハウスの美観を取り戻すために何が出来るでしょうか?

…そんなテーマの元に行なわれた作業が“タール塗り”でした。 園生みんなでハケを持って、Let’s painting!! (^^ゞ 周りの高い場所にも脚立をかけて丹念に塗っていき、ついには屋根の上もタールが塗られていきます。

“見違える”とまではいかないものの、これまでよりずっと見栄えのするログハウスに変身。 これでログハウスも長持ちすることでしょう。

タールは臭いけどログハウスのためだ…
タールは臭いけどログハウスのためだ… (-"-;)

二学期生まれ軍団登場!! (*^.^*)
二学期生まれ軍団登場!! (*^.^*)
12月某日、2学期の誕生会が行なわれました。 実は現在の第8期の園生の中では2学期生まれが最も人数が多いのです。 それだけに盛り上がりは、いつもの比ではありません。(*^.^*)

くす玉割りや、あらかじめ準備しておいた出し物が続きます。 そして、お待ちかねの豪華(?)ディナーに突入!! \(^o^)/  今日のメニューは、シャンパンやスパゲティーをメインディッシュに据えたフルコース。(^^; はしゃいだ雰囲気の中での食事は、みんなの笑顔の調味料がきいて、いつもよりず〜っとおいしく感じたことでしょう。

こうしてみんなひとつずつ大人になって行くのかもしれませんね。


BACK