いちばん長い新学期が始まりました

September 1999 Edition
打ち間違えてないかなぁ?
打ち間違えてないかなぁ?
月19日は、 みんながとっても楽しみにしていた一日里親でした。 (注:“里親”と言っても学園で迎え入れるのではなく、 子供たちが村内のご家庭などに一日お世話になりに出向きます) 今年は村内の10ヶ所に分かれて子供たちがお世話になりました。

子供たちの感想を聞いてみましょう。

Sくん:ぼくは峠のうどん屋に行きました。 うどん屋だからうどんが打てると思ったら草むしりだったので残念でした。 でもおじさんの話が面白かったり、おいしいうどんを食べさせてもらったりしてよかったです。 (←打てなかったけど食べられて良かったね。(^。^;)
Hさん:楽しかったです!レジうちや、おせったい、いろいろなことをさせていただきました。 ふだん学園でできないことができて楽しかったです。

その他、JAマートをはじめとするお店で新鮮な一日を過ごさせていただきました。 みなさまのご協力に感謝するとともに、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。


年も9月25〜26日にかけて、 恒例の“八ヶ岳登山”が行なわれました。 今年は園生の年齢を考慮して、去年とは少しコースが変更されました。

出発当日は日本海岸を駆け抜けていった台風の影響が残り、 時々ガスってしまうような、おせじにも良いとは言えないコンディションの中でしたが、 全員で北横岳を登り切り、山小屋での夜を明かすことができました。
翌日の天気が心配でしたが、26日は青空がのぞく良い天候のもと、 残りの日程を順調にこなすことができました。

山頂まであと少し!!
山頂まであと少し!!

山頂でパチッ
三ツ岳山頂でパチッ
今回のルートを少しだけ説明しますと、 まず初日に八ヶ岳山麓を貫く国道299号線(麦草峠)から北上して横岳(北横岳)を目指しました。 次の日は南東方面にある三ツ岳(みつだけ)や雨池を経由して、 出発地点の麦草峠に帰着するというコースです。
八ヶ岳ですが、概して麦草峠の北側は岩場が少なく、南側は多いという特徴があります。 今回は北側でしたが、三ツ岳に限っては上の写真のとおり岩場が連続していますので、 子供たちも山の穏やかな顔と、険しい顔の両方を感じることができたのではないでしょうか?

北横岳からの朝焼け
北横岳からの朝焼け

BACK