Sep.2011 Edition.

9月11日 諏訪山登山
9月11日 諏訪山登山
今日は八ヶ岳を想定して登山練習です。
今回は全員ブーツ装着で挑み、お互いに声かけをし、危険回避に勤めました。始めはなれないブーツでの足取りですが、徐々にペースをつかみはじめ、順調に歩み始めました。沢を渡るときも、ここが滑りやすい、この道は崩れやすい、など情報共有ができました。諏訪山は登りが多く、先頭との差が開き少々難しいところでしたが、無事山頂に到着しました。帰りも全員怪我することなく無事、下山することが出来ました。この調子で八ヶ岳に挑戦しよう!

9月18日 かじか座公演
かじか座公演
今日は上野村のイベントにてかじか座公演が行なわれました。かじか座とは上野村より代々伝わる、舞踊と演劇を公演する行事です。今回は指導員のさこー・たご・なりが参加致しました。構造センターは満員にて始まり、11人が舞踊を披露し、人情劇「恋慕かんざし」を公演しました。指導員もいつもと違う姿を見せねばと一心不乱に踊り、演じました。終始熱気に包まれたなか、無事公演も終わり、役者方の笑顔もあふれました。夕方は慰労会にてそれぞれの持ち技を披露し、労を労いました。来年もがんばるぞー!

9月23日 八ヶ岳登山 初日
今日から学園の一大イベントである、八ヶ岳登山です。学園を6時出発でスタート地点の大河原峠には8時に到着しました。各自荷物、ブーツを確認後、体操を終え、各班に分かれ、いざ出発!
第一目標は立科山頂です。スタートは晴天でみんなの足取りも軽く、スムーズに進むことが出来ました。休憩後、立科山頂への岩場をよじ登り山頂に到着しましたが、霧が多く、残念ながら周りの風景は見ることが出来ませんでした。
八ヶ岳登山 初日@
気を取り直して、第二目標は北横岳ヒュッテです。本日お世話になる山小屋であり、なんとか日が落ちるまでにはたどり着きたいですが、道のりは長く険しいものです。途中亀甲池を通りましたが、継続生曰く「前より水が増えて景色が変っている」との事です。たしかに途中、いくつかの登山道が荒れ、何人か水に濡れてしましいましたが、みな無事にヒュッテに到着することが出来ました。
夕食はなんとすき焼き!山小屋で何度かご飯を頂いたことはありますが、ここまで豪勢なのは始めてです。学園生もパクパク食べてあっという間に完食です。
 食後は各自リラックスタイム。明日の準備をする子やゴロゴロする子もいれば、外で夜空観測する子もいました。夜空は空気が澄んでいて、天の川、流れ星がみることができました。おいしいご飯と、きれいな夜空で皆、至福の時を過ごすことができました。  あしたもがんばるぞー!
八ヶ岳登山 初日A

9月24日 八ヶ岳登山 2日目
 二日目朝、自由参加で北横岳へ朝日を見に行こう、との事で5人の学園生が挑戦しました。さすがに早朝の山は冷え込みが厳しく、温度計は氷点下を指していました。しかしそんな事にめげず薄暗い中、北横岳頂上を目指しました。頂上手前でちょうど朝日が差し始め、山頂に着くとすぐに朝日が見え始めました。みな固唾をのんで見守る中、太陽が見えると同時に周りに明かりが漏れ、周囲を照らし始めました。同時に雲海も見えるようになり、なんとも微妙な風景を味わうことが出来ました。みなの目にはどのように映ったでしょうか。
 ヒュッテに戻ると同時に朝ご飯をいただき、エネルギー充填!その後準備を整え7時半にヒュッテを出発。二日目の第一目標は大岳。この日は朝から気持ちいい程快晴でみんなの気分も上々です。高台にでると雲一つない青空が広がり、よりみんなの気分を高揚します。雲一つ無い大岳頂上はまさに絶景です。見渡す限り緑と青の世界が広がり大自然そのものです。その風景に感動したのか山びこを上げる子もいました。
八ヶ岳登山 2日目@
第二目標は双子池です。ここからは下りの岩場が続き、足をくじきやすい所でしたが、みな難なくクリア。疲れている様子もなく、まだまだ元気が有り余ってます。双子池の水は澄んでいるため、そのまま飲めます。自分も飲みましたが、ここまでおいしい水は久々です。ぜひとも持ち帰りたいですが、荷物の関係もありそうはいきませんでした。
 昼食後は、ゴールである大河原峠を目指します。ここまで怪我無くこれたので、有終の美を飾るため、ファイト一発。最後の登山道に着きます。笹道を突き進み、岩場を歩き渡り、遂にゴールにたどり着きました。ゴール時の顔は清々しく達成感に満ちあふれていました。今回の八ヶ岳はみな怪我もなく、踏破することができました。
八ヶ岳登山 2日目A