April 2003 Edition.


今年は春の訪れが遅く、何と入園式の2日前に大雪の降った上野村。 雪景色の中での入園式となり、遠くから来られた保護者の皆様は、さぞ驚かれた事と思います。

今年度は継続生6名+新園生11名で合計17名の元気な子供たちを迎えてのスタートとなりました。 慣れるまではちょっと大変かもしれないけれど、よく園生や指導員とコミュニケーションをとって、楽しく元気な1年間を過ごしていきましょう!

日々の積み重ねが力になって行く事が学園の生活にはたくさん潜んでいます。 一見無駄に思える事もきっとこの一年で知らず知らずの内に身に付いて来ます。あせらず、少しづつでも前進しましょう。

陶 芸 教 室
力作の数々

『4月20日にとうげい教室して、ごはんを入れる入れ物を作りました。そのときに、川崎さんの説明があって、その話は作るコツやこういうのはダメというのでした。始める前はかんたんかな。とおもっていたのですがいざ作り始めるととてもコツがいてむずかしいものだというのがわかりました。何度も何度もこねて、丸めているうちに表面がかわいてしまったので、お母さんのあまったねんどをもらってコツをよく思いだしてから作ったらうまくできました。はやく自分のうつわでごはんを食べてみたいです。』(S)


『とうげいきょうしつでねん土をさわってこねてるとき手にいっぱいねんどをさわってねんどのよごれがついてたのしかったです。みさきちゃんのがみててうまかったです。こねおわったら、かたちをととのえてなかのほうのねんどがくずれちゃったから、なおし こんどはせいこうしたからよかったです。』(G)

十石市のヒトコマ

『僕は今年はじめてなので 十石市はどんなものか わからないけど けいぞくせいの話を聞いていると なんだか楽しいみたいです。十石市には、たいこのえんそうや、お店が出ているらしいです。4月29日火曜日に楽しみにしています。』(Y)



BACK