May 2002 Edition.

月19日(日)、ほぼ半数の園生が初めて草木染めに挑戦しました。今回の染料は、ヨモギ・茜・藍の3種類。 やっぱり1番人気は藍でしたが、今が旬のヨモギの香りが部屋いっぱいに漂う中、草木染めを楽しむことができました。

子供たちが染めたのはバンダナサイズの布でしたが、しぼり染めのおもしろさは、しぼりをほどくまで、どんな模様ができているか分からないトコロ…。 みんなワクワクしながらしぼりをほどいては、「うわぁ、キレイ!!」とか「あれ…!? 予想した模様とちがう…。おっかしいなぁ」など、いろいろな感想をもらしていました。

さて、それぞれが染めてくれた布ですが、つなぎ合わせて部屋に飾る“のれん”となりました。 これからの季節、自然の色と風を感じられるかな?
茜(アカネ)色に染まった?
できあがった暖簾

〜 ヤワラちゃん誕生なるか!? 〜

村のお巡りさんを講師にお迎えして、毎週木曜日に園生有志が柔道を教えていただくことになりました。 体育館の物置に眠っていた畳を掃除して並べれば、体育館の片隅が道場に早変わり!

多少の覚えがある子も、初めての子も一同に礼! <m(_ _)m> ここからヤワラちゃんが誕生する日も遠くない!? …かな? (^^ゞ


『学園の畑の一区画を思い通りに耕そう!』との呼びかけに飛び付いた7名。自分の好きな作物や草花を自分たちの手で育て上げようと志気も高まっています。

まず、自分は何を植えたいのかを考えるところから始め、草取り・石拾い・地ならし…と畑を準備します。 天気の良い日はお日様をいっぱいに浴びながら収穫を夢見つつ、元気に農作業に励んでいます。

「マイガーデン計画」に参加しているH君は5月の通信で次のように書いています。
『スイカにちょうせんして3年目。いまだに自分で作ったスイカを食べた事の無い自分の挑戦であった。今年は成功するのだろうか?とっても心配である。 他にはキュウリ、トウモロコシなど初めてな物なので心配です。上手にできますように』。

今年こそは自分で育てたスイカが食べられるといいネ!


BACK