流れ星に願いを託して…!?
November 2001 Version

みなさん、11/19(月)の獅子座流星群をご覧になりましたか?数十年に一度の天体ショー、私も何人かの友人たちと見に行きましたが、あれほどの流れ星を見たのは初めてでした。残念ながら、見とれてしまって願い事を託すのをすっかり忘れてましたけど… (^^;

11月3日(土)に、恒例の『村内歩け歩け大会』が実施されました。

上野中学校を出発して、8kmほどのコースでしたが、秋の空気を満喫しながら村の方々と一緒に の〜んびりと歩きました。
参加賞が出るこの大会、学園の子供たちは普段から鍛えている(?)健脚を生かして、1位には大志が、また3位には宗一郎が入賞するなど、好成績!!

賞品の抽選で一喜一憂するのも、毎年の恒例かも… (*^o^*)

11月7日から始まる体験合宿で行なわれるリース作りに備えて、6日には裏山でつる採りを行ないました。

アケビ・葛・藤など、たくさんのつるが採れたのですが、つる採りに夢中になっていて漆にかぶれてしまった子も… 紅葉はキレイなんだけど、気を付けてね。
そして訪れた体験合宿。

小4の「ヨッシー」、小5の「ノナ」。2人の元気な男子が参加してくれました。かなりハイテンションで嵐のような4日間でした。来期からヨロシクね。

11月24日(土)早朝 学園をスタートして、やまびこ荘(塩ノ沢)〜天狗岩登山口〜スーパー林道〜笠丸山登山口(住居附)〜乙母神社〜いきいきセンター(乙父)〜学園という、総延長約27kmというコースで『思い出ハイク』が行なわれました。

天候にも恵まれ いろいろな
発見(もちろん自分の体力
の発見も含む)があって、
様々な収穫が得られたよう
です。
例えば、鹿の角や皮・モグラ(既に他界していた模様)・霜・薄氷・氷の下で泳いでいるカエル!・お花の形のカーブミラー・トンネル内に明かりがないこと…
“完歩すること”が第1目標だった今回の『思い出ハイク』ですが、子供たちはいろいろな発見をしながら27km近い距離を歩いてくれたようです。

これが子供たちの感受性を育むことにつながっていってくれればよいと思います。