木枯らし吹きすさぶ厳寒の季節です

February 2000 Edition
月11・12日と教育委員会主催のスキー教室に参加しました。 3連休ということもあって高速道路もパーキングエリアも大渋滞…。時間通りに到着するかどうかも危ぶまれる状態でした。 それでもなんとか昼頃に水上・宝台樹(みなかみ・ほうだいぎ)スキー場に到着。目の前の雪に子供たちは大はしゃぎです。

午後1時からスキー教室が始まり、各自のレベルに合わせたレッスンを受けました。 そして午後3時から自由滑走!! 先ほどのレッスンを思い出しながら(そうは見えない子もいるが…)、 思い思いのゲレンデを約1時間滑ったところで初日は終了。 宿舎の宝川温泉では雪を見ながらの露天風呂も楽しめ、子供たちも大満足です。

2日目、スキー教室でまで当番活動があるハズもなく、のんびりと7時に起床して今日も元気に出発です。 2日目は自由滑降ということで、みんなヤル気まんまん!! 昨日はリフトに乗らなかった子も、 『今日はリフトに乗るんだ!』と意気込んでいます。 …楽しい時間は『あっ』という間に過ぎ、午後1時半に全員集合。 みんなバスに乗って2日間で滑ったゲレンデのこと、技術が向上したことなどを話し合いながら宝台樹スキー場を後にしました。 帰りの道のりはとてもスムーズで、午後5時半頃に無事学園に帰着できたのでした。

雪がいっぱいっ!! o(^-^)o ワクワク
雪がいっぱいっ!! o(^-^)o ワクワク

このバーンは慎重に行かなくちゃ…

このバーンは慎重に行かなくちゃ…

狙いはもちろんストライク!!
狙いはもちろんストライク!!

あいつだけには負けたくないが…

あいつだけには負けたくないが…
月20日にスポーツ大会が行なわれました。 今年は例年と趣向を変えて、なんとボーリングを行なうことになりました。

5分間の練習タイムを挟んで始まった本番では、ストライクを出して歓声が挙がるレーン、 ガーターを出してため息をつくレーンと悲喜こもごもです。(^^;  フォームやスピードも人それぞれで、勢い余って隣のレーンに投げてしまう子も…。 やはり2ゲームの合計得点で賞品が出るとなると、みんな目の色が違います。

約1時間でゲームは終了し、鬼石町の桜山温泉センターで今日一日の疲れをいやしつつ夕食と表彰式に突撃!!  それぞれの順位が発表されて表彰と共に賞品が渡されました。 日が暮れて真っ暗な中をバスは学園を目指して走り続け、桜山温泉センターを出発してから約1時間後、 一日を十分に楽しんだ子供たちは学園に無事到着したのでした。


月23〜26日に第2回事前合宿が行なわれました。 今回の参加者は比較的年下の子が多いので、みんなでいろいろと面倒を見なくてはいけないということを、 子供たちと十分に確認しあって臨みました。 箸づくり、オリエンテーションが終わった頃、続々と園生が帰ってきて開口一番、『体験の子、もう来た?』と尋ねます。

夕食は、園生21人+事前合宿8人+指導員3人+お手伝い2人の実に34人!!  部屋ごとにテーブルを囲んでワイワイと食事をします。おしゃべりに夢中で箸が止まっている子、 ご飯を食べさせるのに一生懸命でさながら父親のように見える子…。 この夜のミーティングは自己紹介が行なわれ、消灯時間まで大騒ぎの一晩でした。

まずは自分の使う箸を作ろう
まずは自分の使う箸を作ろう

自分のトレードマークだけに真剣そのもの
自分のトレードマークだけに真剣そのもの
2日目、体験生は慣れない6時起き。園生はふとんの片付け方を教えるなどで大忙し。 朝の集い、朝食と時間はあわただしく過ぎていきます…。 学校から帰ってくると、意気投合して早速アダ名を付け合ったりする姿や、体育館や食堂などあちこちで遊んでいる姿が見られました。
3日目、朝は昨日と変わらぬ忙しさです。体験生は保護者を交えて学園で面接が行なわれます。 最後の夜ということもあり、名残惜しそうな顔がチラホラ…。
そしてついに最終日。各自部屋を片づけて、切り絵教室に参加します。 今回は自分のトレードマークを決めるということで、みんな悩んでいましたが、苦労の甲斐あってなかなかの力作が仕上がりました。

さて何人の体験生が実際に学園に来てくれるのでしょうか? ぜひ大勢の体験生が帰ってきてくれることを期待しています…


BACK